テーマ:3DCAD・3Dデータ

金属3Dプリンタのユーザ活用事例・セミナー 今迄造形不可能だった斬新な金属製品・金型を創出

国内で先駆けて金属3Dプリンタを導入・活用し急成長を続ける先進ユーザ企業の講師陣が、金属造形のポイント、ノウハウを詳説 ~下記の入門コース、製作技術・活用例のセミナーで具体的にご講義されます 【金属3Dプリンタを駆使して高付加価値製品を創出し更なる躍進を目指す】 金属3Dプリンタはこれまでの加工方法では実現できない、複雑形状の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金属3Dプリンタを駆使し自動車、航空・宇宙、医療等の金属部品・製品や金型を数日間で納品

2013年9月に設立し他社に先駆けて金属積層造形の独自技術を開発、確立して躍進する日本最大のサービスビューロ ㈱J・3D ~金属積層造形の目覚ましい進展により受注が激増(特に短納期での造形依頼殺到)。4年連続で4台目の金属3Dプリンタを導入し24時間体制でフル稼働 金属3Dプリンタ受諾造形サービスを事業として 2013年の9月に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他社との差別化を目指し、導入進む金属3Dプリンタ/積層造形の活用入門・造形事例セミナー

衰退の一途を辿る国内金属製品・金型製造企業及び産業の存続の危機を打開する切り札 “金属3Dプリンタによる金属積層造形” ~自動車、航空機に金属積層部品・製品を既に搭載し量産を計画する先行欧米。国を挙げて本格的に取り組み急速に追い上げてくる東南アジア諸国の躍進~ <最近の金属3Dプリンタ、積層造形について> 次世代の金属製品・金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国内で先駆けて金属3Dプリンタを導入・活用して新事業化に取り組んだ安藤幸彦氏について

ものづくり社会・産業の次世代を担う金属積層造形の実務において日本の最先端を行く安藤幸彦氏(㈱アイジェイブリッジ)は、一昨年4月まで勤務されていた㈱ジェイエムピーが 2008年にドイツ・コンセプトレーザ社から導入した金属粉末レーザ積層造形機を活用して、それまで使用していたEOS社製樹脂粉末レーザ積層造形機で製作していた技術ノウハウを活かし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金属3Dプリンタ/積層造形の新規導入・活用に向けた、初心者の方を対象とした入門コース

金属3Dプリンタでの金属積層造形は、衰退の一途を辿る国内の金属製品・金型製造企業及び産業の存続の危機を打開する切り札 ~先行欧米は自動車、航空機に金属積層部品・製品を既に搭載しており、また、東南アジア諸国は国を挙げて本格化に取り組み急速に追い上げてきています~ <開催にあたって> 次世代の金属製品・金型製造の本命として世界中が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more