国内初、3Dシステムズ社製金属3Dプリンタで金属製品受託製造を昨年1月から本格的に開始

従来の加工方法では実現不可能な形状・性能の部品・製品を造形
~白銅は金属3Dプリンタを使用した金属造形のサービスビューロをスタートし、自動車部品、航空機部品などの研究開発や試作品製作向けに受注を開始~

今までの加工方法では実現できなかった金属製品・金型の一体化造形、複雑形状の造形、3次元水管の最適化、軽量化を可能にする金属3Dプリンタは、一昨年の後半から先進企業、工業技術センター、研究所、大学で導入が加速してきており、いよいよ日本も本格的な金属積層造形活用の新時代を迎えています。 企業秘密で殆ど公表されていませんが、現在水面下では斬新な高付加価値製品の開発が活発に行われており、従来製品および他社製品との差別化を図っています。
金属3Dプリンタは、マスコミ等では何でも作れる「魔法の箱」のように報道されていますが、そう簡単に造形できるものではありません。 “金属3Dプリンタをいかに使いこなすか”がとても重要で、これには様々な難度の高い技術が要求されます。造形にあたり、低コスト化、短期開発、高品質化の課題をクリアするには 数年を要すとともに、相当の費用がかかります。欧米では自動車、航空機に金属3Dプリンタで造形した部品・製品を既に搭載しており、今後は大幅な増産を計画しております。また、シンガポールを始め、東南アジア諸国では国を挙げて本格的に取り組み、大きな投資をして目覚ましい進展を遂げています。
近い将来、金属3Dプリンタによる本格的な金属造形が必ず到来します。またそれが当たり前の時代になってきます。数年後にはメーカ間の競争、台数の増大により1千万円前後の低価格機が登場すると思われます。先行する欧米、追い上げてくる東南アジア諸国の躍進ぶりは目を見張るものがあり、価格が格段に下がるまで様子見をしていては会社の存続、発展はありません。
そこで提案があります。
現在販売されている金属3Dプリンタは1億円前後とかなり高額で、武藤工業が昨年発売したアーク溶接金属3Dプリンタは約3千万円と驚異的な低価格化を図っておりますが、それでも中小企業にとっては高嶺の花と言えます。 まだ暫くは大幅な価格下落は難しいと思われますので、取り敢えずは金属製品・金型を造形・提供する 白銅、J・3D等のサービスビューロを利用されては如何でしょうか。 サービスビューロは、お客様が希望する価格、納期、品質等を詳しく伺い、最先端技術、独自技術を駆使してコストパフォーマンスの高い造形品を短納期で提供します。高額な金属3Dプリンタの購入はリスクが高く、また 造形には高度な技術が必要になりますので、その成果物(造形品)を様々な試験・テストの上 導入を検討されても良いのではないでしょうか。

昨年の1月から金属製品・金型の受託製造を開始された白銅㈱の石塚伸一氏は下記のセミナーで講義されます。

<石塚伸一氏が講義されるセミナー>

3Dシステムズ社製金属3Dプリンタを用いた金属製品の取り組みと活用事例
3Dプリンタを導入した経緯
金属3Dプリンタの特徴
ProX300 の強みと造形方法
金属積層造形のルールとサポート材
扱い鋼種とサービス内容
部品最適化(トポロジー)設計
活用事例のご紹介
造形に関する課題と今後の展開

日時 12月21日(水)  14:00~15:00

《 新たに下記の通り 11月21日に開催致します 》
日時 2019年 11月21日(木)  15:15~16:45
詳しくは 👉  http://j-tic.co.jp/R11121.htm


------------------------------

《 新たに、下記の金属3Dプリンタ、トポロジー最適化、3D CAD・CAE、BIM/CIM等のセミナーを開催致します 》

先進ユーザ企業にみる金属3Dプリンタを駆使した革新的な活用技術と具体的造形事例及び今後の展開
日時 2019年 11月21日(木)  10:00~16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R11121.htm

無料ではじめる3D CAD・CAEとトポロジー最適化〔体験付入門講座〕
~イニシャルコスト・ゼロの無償ソフトウェアの選び方、インストールから効率的な活用法まで
日時 2019年 12月3日(火)  10:00~16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R11203.htm

金属3Dプリンタ/積層造形を用いた金属製品・金型の製作技術と活用事例 <入門コース>
日時 2019年 12月6日(金)  13:45~16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R11206.htm

トポロジー最適化で超軽量化とコスト削減を実現する設計手法及び成功事例〔入門講座〕
~板金部品30%軽量化、鋳物部品11Kg軽量化、溶接部品100Kg軽量化と低コスト化を実現
日時 2019年 12月12日(木)  10:00~16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R11212.htm

次世代BIM/CIMソフトウェア InfraWorks入門&AutoCADとInventorによる3次元自社仕様モデル作成講座
日時 2019年 11月26日(火)  10:00~16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R11126.htm


※ 上記セミナーを2テーマお申込みの場合は、受講料が 5,000円割引になります。


ホームページTOP 👉  http://www.j-tic.co.jp/




"国内初、3Dシステムズ社製金属3Dプリンタで金属製品受託製造を昨年1月から本格的に開始" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント