金属3Dプリンタのオープンパラメータを用いて粉末コストを半減、高品質造形を実現した先進事例

金属積層造形で先行する㈱ACRが、オープンパラメータを活用して材料コストを半減する独自技術により金属3Dプリンタ用粉末を新開発し、低コストの自動車部品を造形しています。
今回のセミナーでは、オープンパラメータを駆使してメーカ推奨の純正以外の金属粉末、焼結レシピを用いて劇的なコスト削減と高品質化を実現し、従来・他社製品と大きく差別化を図った革新的な造形技術・事例について、成功・失敗談を交えながら具体的に解説致します。


~金属部品の大幅な造形コスト削減に積極的に挑み、純正では不可能な超低コスト化と高品質化を達成したポイントと秘法を、㈱ACRの野口宏氏が熱く語る


《 2019年7月26日(金) 開催セミナー 》
金属3Dプリンタによるオープンパラメータを活用した自動車部品の低コスト造形技術・事例及び今後の展開

 ●講師 野口 宏氏 ㈱ACR 愛川事業所研究開発部長
  開催・講義内容の詳細 ⇒ http://www.j-tic.co.jp/R10726.htm

【 講師の野口宏氏は、当セミナー開催にあたり次のように語っておられます 】
多くの企業が金属3Dプリンタを導入後、メーカー推奨の焼結レシピのままで使用しているところがほとんどだとおもいます。
当社では純正以外の微細金属粉末導入をきっかけに焼結レシピをいじり倒し、粉末コストを半減、表面粗さの向上、超微細オイル穴を実現することができました。
工作機械では切削条件などは各社それそれの経験により独自のノウハウを持ち、他社との差別化を図っています。
3Dプリンタも独自の焼結レシピを持ち他社との差別化を意識する時ではないでしょうか? オープンパラメータ活用の事例を含め、考え方の紹介をする予定です。

<講義内容 >
1.金属3Dプリンタ導入の経緯
2.金属3Dプリンタ導入後の目も当てられない実態
3.パラメータの現状(焼結レシピ)
4.オープンパラメータへの挑戦
5.ProX200の設定パラメータの種類と考え方
6.ターボ開発の納期短縮、コストダウン実績
7.独自パラメータでの作品紹介
8.金属3Dプリンタ導入時のノウハウ蓄積の考え方
9.今後の技術課題

日時 2019年 7月26日(金)  11:40~12:40
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R10726.htm


------------------------------

《 他に、下記の金属3Dプリンタ、無焼成セラミックス、3D CAD・CAE、トポロジー最適化のセミナーを開催致します 》

金属3Dプリンタ/積層造形を用いた金属製品・金型の製作技術と活用事例 <入門コース>
日時 2019年 7月25日(木)  13:45~16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R10725.htm

金属3Dプリンタを駆使して躍進する先進ユーザにみる独創的な活用技術と斬新な造形事例及び今後の展開
日時 2019年 7月26日(金)  10:00~16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R10726.htm

超低価格機相次ぐ金属3Dプリンタの開発・活用動向と革新的な造形技術・事例及び今後の展開
日時 2019年 7月30日(火)  10:00~17:00
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R10730.htm

無料ではじめる3D CAD・CAEとトポロジー最適化〔体験付入門講座〕
~イニシャルコスト・ゼロの無償ソフトウェアの選び方、インストールから効率的な活用法まで
日時 2019年 8月6日(火)  10:00~16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R10806.htm

トポロジー最適化で超軽量化とコスト削減を実現する設計手法及び成功事例〔入門講座〕
~板金部品30%軽量化、鋳物部品11Kg軽量化、溶接部品100Kg軽量化と低コスト化を実現
日時 2019年 8月22日(木)  10:00~16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R10822.htm

製造コスト・時間を大幅削減する無焼成セラミックスの概要・開発動向と製造技術・プロセス及び今後の展開
日時 2019年 9月13日(金)  14:15~16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/R10913.htm


※上記のセミナーを2テーマお申込みの場合は、受講料が 5,000円割引になります。


ホームページTOP 👉  http://www.j-tic.co.jp/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック