金属3Dプリンタ、協働ロボット、トポロジー最適化

アクセスカウンタ

zoom RSS 金属3Dプリンタを活用した造形体の評価方法と品質維持及び今後の課題・対策について具体的解説

<<   作成日時 : 2017/11/01 06:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

金属3Dプリンタで製造した造形体が所望の機械強度・品質を達成しているかを評価する方法や、品質維持のための計測・分析技術とその実例、量産化における品質管理と課題、国際標準化活動等について、日本電子 開発・基盤技術センター長の眞部弘宣氏が、下記の12月6日のセミナーにおいて平易に解説致します。
 
  開催セミナーの詳細 ⇒ http://www.j-tic.co.jp/h91206.htm

【 当セミナー開催にあたり 眞部弘宣氏は次のように語っておられます 】
金属粉末を利用した三次元積層造形技術(Additive Manufacturing)は、航空機エンジン向けタービンブレードの量産に向けた本格的な技術利用がされる事が既に発表されている。また、AM技術の国際標準化を目指す ISO TC261 及びASTM F42 のWGにおいても、造形デザインのガイドラインから、粉末材料、造形手法、ひいてはAMに特化した標準試験片等の幅広いカテゴリーで議論がなされている。AM技術での造形体は1つ1つの造形時の条件を同じにしても造形体が所望の強度・品質を有しているか否かの判断が必要である。そこで検査の確立が重要となるが、本セミナーでは破壊検査(DT:Destructive Inspection)と非破壊検査((NDT:Non Destructive Inspection) の手法について説明した上で、それぞれの計測・分析装置から得られる欠陥の分析の実例について例示する。
三次元積層造形技術で造形された部品が、量産採用されるにあたっては、ディジタルデータの段階で積層造形に適する設計をした上で、目的の性能を達成する為には金属粉末材料の特性データの管理と許容値、造形装置内で管理された溶融パラメータを利用し異状なく製造が進んだかの追跡記録、更には、製造された部品の機械強度・疲労、及び充填密度率等を含め、求める規格を達成している事を総合的に判断する事がますます重要となる。

<プログラム>
1.金属3Dプリンタの造形の流れと計測・分析機器利用
2.JIS試験と3Dプリンタでの造形体評価内容
3.計測・分析及び強度検査をする装置群
4.破壊検査と非破壊検査手法の紹介
5.原材料と造形体の元素分析手法
6.造形体の粒界解析・結晶方位の計測手法  
7.国際標準化活動
8.計測・分析データの判断とIoT/AI技術の応用  
9.金属3Dプリンタでの量産化における品質管理と課題

金属3Dプリンタ活用における造形体の評価方法と品質維持及び今後の課題・対策
日時 2017年 12月6日(水)  15:50〜16:50
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/h91206.htm


《 新たに下記の通り 7月5日に開催致します 》
日時 2018年 7月5日(木)  15:15〜16:45
詳しくは 👉  http://j-tic.co.jp/h00705.htm


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《 新たに、金属3Dプリンタ、ものづくりのセミナーを下記の通り開催します 》

革新的な開発相次ぐ金属3Dプリンタ/金属粉末・造形技術の最新動向と適用事例及び今後の展開
日時 2018年 7月24日(火)  10:00〜16:50
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/h00724.htm

トポロジー最適化の基礎と次世代最適化ソフトウェアを用いた軽量化技術及び適用事例 〔体験実習付き講座〕
日時 2018年 8月7日(火)  10:00〜16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/h00807.htm

トポロジー最適化ソフトウェアと金属3Dプリンタの連携による金属部品の軽量化技術及び適用事例
日時 2018年 8月23日(木)  9:40〜16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/h00823.htm

Inspireソフトウェアを用いたトポロジー最適化手法と実機操作による軽量化設計及び活用事例
日時 2018年 8月28日(火)  10:00〜16:45
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/h00828.htm

金属3Dプリンタ/積層造形を用いた金属製品・金型の製作技術と活用事例  <入門コース>
日時 2018年 9月7日(金)  13:30〜16:30
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/h00907.htm


上記のセミナーを 2テーマお申込みの場合は、受講料が割引の
  51,000円又は58,500円になります。



ホームページ 👉  http://www.j-tic.co.jp/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金属3Dプリンタを活用した造形体の評価方法と品質維持及び今後の課題・対策について具体的解説 金属3Dプリンタ、協働ロボット、トポロジー最適化/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる