金属3Dプリンタ、協働ロボット、トポロジー最適化

アクセスカウンタ

zoom RSS 有望な新市場を創出する新素材セルロースナノファイバーを活用した次期成長・主力製品の開発動向

<<   作成日時 : 2017/10/23 06:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

セルロースナノファイバー(CNF)/複合材料の開発・技術で世界の最先端を行く講師陣が、下記の12月20日と12月22日のセミナーにおいてその最前線を語る

★驚異的な軽量かつ高強度、高剛性と優れた増粘性、分散性、透明性、ガスバリア性、チクソ性等の特性を活かした革新的な活用製品の開発競争が一段と激化 !!
★自動車、航空機、電子部品、家電、建築、化粧品、医薬品、食品等の様々な分野において次世代を担う魅力的な製品の創出とその新事業化に向け積極的に展開 !!


《 CNFセミナー 12月20日開催 》
実用化進むセルロースナノファイバーの開発・技術動向と活用分野・事例及び今後の有望用途
  開催内容の詳細 ⇒ http://www.j-tic.co.jp/h91220.htm

<プログラム>
セルロースナノファイバーの概要・開発技術動向及び現状の課題とその対策
  齋藤継之氏 東京大学 大学院農学生命科学研究科准教授
スターライト工業におけるセルロースナノファイバーの開発・技術動向と活用分野・事例及び今後の有望用途
  藤橋政人氏 スターライト工業 先進材料開発グループ主事
第一工業製薬におけるセルロースナノファイバーの開発・技術動向と活用分野・事例及び今後の有望用途
  後居洋介氏 第一工業製薬 レオクリスタ事業部開発グループ専門課長
モリマシナリーにおけるセルロースナノファイバーの開発・技術動向と活用分野・事例及び今後の有望用途
  山本顕弘氏 モリマシナリー セルロース開発室長
冨士色素におけるセルロースナノファイバーの開発・技術動向と活用分野・事例及び今後の有望用途
  森 良平氏 冨士色素 代表取締役社長
セルロースナノファイバーを活用したスピーカー用振動板の概要・開発動向と適用事例及び今後の展開
  雲 浩靖氏 オンキヨー B2B本部技術部先行開発課副参事

日時 12月20日(水)  10:00〜17:00
詳しくは 👉  http://j-tic.co.jp/h91220.htm


《 CNFセミナー 12月22日開催 》
新規事業相次ぐセルロースナノファイバー/複合材料の開発・技術動向と活用分野・事例及び今後の有望用途
  開催内容の詳細 ⇒ http://www.j-tic.co.jp/h91222.htm

<プログラム>
国内外にみるセルロースナノファイバー/複合材料の開発・市場動向と実用化事例及び今後期待される用途
  松村晴雄氏 活ョリサーチセンター 調査研究部シニア・フェロー
ウォータージェット法によるセルロースナノファイバーの開発・技術動向と活用分野・事例及び今後の有望展開
  小倉孝太氏 潟Xギノマシン 経営企画本部新規開発部開発プロジェクト一課チーフ
セルロースナノファイバーを活用したバリア材、包装材料の開発・技術動向と適用事例及び今後の有望用途
  加藤友美子氏 凸版印刷 事業開発・研究本部事業開発センター課長
セルロースナノファイバー強化ゴム材料の特徴・開発動向と適用事例及び今後の展開
  長谷朝博氏 兵庫県立工業技術センター 材料・分析技術部化学材料グループ上席研究員
セルロースナノファイバーを強化繊維としたプラスチック複合材料の複合化、成形、物性評価
  仙波 健氏 地方独立行政法人京都市産業技術研究所 高分子系チームリーダー
セルロースナノファイバーを活用したウッドプラスチックの開発・技術動向と適用事例及び今後の有望用途
  大峠慎二氏 トクラス 商品技術開発部技術開発グループWPC担当マネージャー

日時 12月22日(金)  10:00〜17:20
詳しくは 👉  http://www.j-tic.co.jp/h91222.htm


上記の12月20日と12月22日の両セミナーをお申込みの場合は、
 受講料が19,500円割引の 58,500円になります。



ホームページ 👉  http://www.j-tic.co.jp/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
有望な新市場を創出する新素材セルロースナノファイバーを活用した次期成長・主力製品の開発動向 金属3Dプリンタ、協働ロボット、トポロジー最適化/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる